社会福祉法人恵泉福祉会 光の子保育園

モンテッソーリ教育とは

「子どもは自らを成長・発達させる力を持って生まれてくる」というイタリアの女医
マリア・モンテッソーリによって1906年に紹介されたこの教育は、世界各地に広まり、
その効果が認められています。
人間は、生まれながらにして自らを成長していこうとする
欲求をもっており、そうしたひとりひとりの
内的欲求に答えるべく工夫されたのがモンテッソーリ教育です。

個々の発達に合わせて、日常生活の訓練(アイロン、野菜の皮むき、お茶のサービスなど)、
感覚(はめ込み円柱、色板版合わせ、重量版など)、言語(50音の砂文字板、文章作りなど)、
算数(数量、銀行ごっこによる4桁の足し算など)、文化(世界、自然のしくみ、
生命の歴史など)の5つの分野において学んでいきます。
これらを学ぶことを、モンテッソーリでは「お仕事」と呼びます。

教師は、その子どもがどの発達段階にあるかを見極め、援助していきます。
教えるのではなく、子ども自らが選択して、1人でできるように見守り、環境を整えます。
モンテッソーリの教具は、木、布、ガラスなど本物の素材を使用するのが特徴です。
他にも、針、はさみ、アイロンなど、幼児には危険と思われる道具でも
安全な使い方を指導するので、3、4歳児でも、縫い刺しによる
手芸作品などを仕上げていきます。